特殊印刷なら福井県の株式会社 秀峰
top_title.pngtop_title.png


skill_title.jpg

01.曲面へのフルカラー印刷(グラーデーション印刷) 

01_1.jpg02_2.jpg
02_3.jpg

曲面へのフルカラー(写真)印刷は、赤・青・黄・黒のドットを1~2ミクロン単位で印刷しなければ表現出来ません。弊社は1~2ミクロンの膜厚を管理しながら微細に印刷しております。グラデーション印刷技術は当社の最も得意とする技術です。
mark_kiso.jpg

02.他社印刷 ドットの大きさの違い

02_3_2.jpg02_1.jpg
02_5jpg.jpg

曲面を印刷するには画像が伸びる為、あらかじめドットを小さく(一般印刷業界の1/10のドット)する必要がありますので、当社独自で特殊な版を製作しています。版製作も5~10分で作ります。(社内製版)
デザイナーさんが来社され、その場でデザイン変更(版変更)でき、その日に曲面印刷物をお持ち帰り頂けます。
mark_kiso.jpg

03.マイクロパターン印刷技術 

03_03.jpg03_2.jpg
03_1.jpg

ドットが小さいため、通常見ますと、「S」というロゴですが、拡大しますと、「SHU-HOU」という小さな文字で構成されております。偽造防止としても応用可能です。
mark_kiso.jpg

04.極細導電配線印刷技術

04_1.jpg04_2.jpg

印刷技術では、40ミクロンの線を印刷するのが精一杯ですが、当社は数ミクロンの印刷技術があります。その上、今までの配線技術(フォトエッチング)とは違い、印刷上にメッキをつける方法の為、エッチングを行わず、クロム及び剝離材を使用しない、環境にも配慮された技法です。
mark_kiso.jpg

05.別々に印刷しても模様が繋がる技術

05_1.jpg05_2.jpg
05_3.jpg

画像の携帯電話の場合、6部品から構成された製品になっております。このパーツを別々に印刷しておりますが、色合い、模様が綺麗に繋がっております。位置決めが正確にできるため、可能な技術です。
mark_kiso.jpg

06.浸透印刷技術 

06_01.jpg06_02.jpg
06_03.jpg

材料(ポリエステル・ポリアセタール、ポリカーボネート)などのプラスチックと、アルマイト処理済みのアルミ(封孔処理前)に浸透させる技術で、材料そのものに浸透させるため、コーティングが必要なく、また、深みがあり、立体感のある表現が可能です。

mark_amuse.jpg

07.偏光印刷技術

07_1.jpg7_1henko.jpg
7_2henko.jpg

ドットの配列、反射等を調整し、角度を変えると見え方が違って見える印刷技術です。
mark_car.jpg

08.凹凸技術

08_1.jpg08_2.jpg
08_3.jpg

塗装をすると、印刷上以外が塗料で盛り上がる技術で、手触り感、高級感があり型では出来ない風合いがあります。曲面へシボを施す場合、型から抜けない為、四つ割にする必要がありますが、この技術では型は必要ございません。
mark_kiso.jpg

09.金属凹凸技術

06_2.jpg06_1.jpg
06_3.jpg

微細な印刷とメッキ技術の複合により、凹凸を表現する技術で、手触り感、高級感があります。
mark_car.jpg

10.印刷マスキング技術

10_1.jpg

曲面印刷技術でマスキングを行い、金属をエッチングして、凹凸をつける技法です。
mark_car.jpg

11.プラスチックメッキ技術

11_1.jpg11_2.jpg

印刷した所にのみ、メッキをつける技術であり、プラスチック上に金属調の模様、ロゴを表現できます。
mark_mobile.jpg

12.蒸着技術による金属鏡面表現技術

12_1.jpg12_2.jpg

金属調表現には、蒸着・スパッタなどを用いた表現がありますが、シンプルな金属鏡面ではデザイン性がないため、微細曲面印刷技術とエッチング技術の複合により、模様、文字表現をする技法です。
mark_mobile.jpg

13.アンテナ印刷技術

13_1.jpg13_2.jpg
13_3.jpg

印刷上にメッキがつく技法で、筐体の表面、裏面に複数のアンテナを配線する技術です。
mark_mobile.jpg

14.蒸着縁取り技術

14_1.jpg14_2.jpg
14_3.jpg

1つの部品上で、メッキ蒸着部分と、それ以外の部分を表現できる技術で、通常2パーツ必要になる所を1パーツとすることが可能な技術です。
mark_car.jpg

15.金属(鏡面)ロゴ表現技術

15_1.jpg

ロゴ部分を印刷メッキ技術で、盛り上げる表現技術です。手触り感、高級感があります。
mark_car.jpg

16.導光印刷技術

16_1.jpg16_2.jpg
16_3.jpg

微細な印刷をする事により、導光をよくする事が可能です。透明アクリルに微細な導光印刷を実施しますと、一見透明に見える基材も、光源にあてると模様が浮かび上がる技術です。
mark_amuse.jpg

17.蒸着+印刷グラデーション

17_1.jpg17_2.jpg
17_3.jpg

蒸着上にグラデーション印刷を実施したサンプルです。蒸着設備も社内にありますので、一貫して作成が可能です。
mark_mobile.jpg

18.蒸着+凹凸表現

18_1.jpg

蒸着と凹凸技術の融合により、金属感がありながら、凹凸感、手触り感を表現できる技術です。
mark_mobile.jpg

19.印刷(アンダー)・蒸着技術

19_1.jpg19_2.jpg

蒸着前に印刷を施すと、印刷の粗さと、塗装部分の粗さが異なる為、金属調の中に、艶有、艶無しの表現が可能となります。
mark_car.jpg

20.レーザー加工技術

20_1.jpg

レーザーを特殊に開発することで、微細加工が可能となりました。「塗装とレーザー」「蒸着とレーザー」の組み合わせを社内一貫で対応可能です。(鏡面も可)
mark_amuse.jpg

21.深みのある表現技術

21_1.jpg21_2.jpg

印刷-塗装の組み合わせにより、高級感・奥行き感のある表現が可能です。
mark_car.jpg

22.粉体印刷技術

22_1.jpg22_2.jpg
22_3.jpg

粉体そのものを印刷する加飾表現のため、インクには無い風合い、メッキでは表現できない見栄え・質感を表現できます。
mark_amuse.jpg

23.デザインモック

23_1.jpg23_2.jpg

3Dプリンタを保有しているため、3Dデータを頂ければ、デザインモックの作成が可能です。
mark_kiso.jpg

24.額縁印刷

24_2.jpg24_3.jpg

スマートフォンや自動車部品のディスプレイが曲面化されてきており、弊社の曲面印刷技術で、縁取りの印刷が可能です。
mark_kiso.jpg

25.シボ印刷

shibo_2.jpgshibo_1.jpg

微細な凹凸表現が可能で、肌触り感、高級感を付与できます。
mark_kiso.jpg

pagetop.png