特殊印刷なら福井県の株式会社 秀峰


SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省ウェブサイトより)

秀峰の取り組み① ノンVOCインクの使用

従来のフィルム印刷方式では、インクを定着させる際に有機溶剤を使用することになり、どうしても廃液が生じます。そこで秀峰では、インクを定着させる際に有機溶剤が出ない「ノンVOCインク」を採用。より環境負荷の少ない印刷に力を入れています。

また秀峰では、必要な分だけの製造にも取り組み、小ロット・多品種・低コストでの製造を実現しています。

秀峰の取り組み② 雇用や男女平等への取り組み

以前より地域貢献活動として実施してきた中学生のインターンシップ受け入れに加え、大学生の就労感形成のためのインターンシップにも参画し、例年複数名の学生にご参加いただいています。また雇用創出に努め、継続した新卒採用・中途採用を間口広く実施しています。

男女平等の観点では、秀峰は男女比率が5:5。役員、リーダークラスの女性登用、採用を積極的に行っています。